FIREまでの明確な道のりを描く

業界初の
FIREシミュレーション
システム

あなたはどうやってFIREする?

シミュレーションを開始する

FIREするための道筋が明確に。

study FIREでは5つのステップで
FIREまでの道筋をシミュレーションし、視覚化することが可能です。

step03

収入と支出を把握

step02

現状の資産を把握

step01

FIREする上での
目標金額を設定

step04

FIREのための方法を
推奨

step05

推奨された投資案件に
参加可能

study FIREの4つのメリット

merit01

FIREまでの道筋が分かり、きちんとしたライフプラン、投資計画が立てられます。

merit02

日々の収支や投資活動の管理ができるので、FIRE実現のための目標管理ができます。

merit03

FPとFIREした投資家により作成されたものなので、的確なシミュレーションができます。

merit04

投資案件にも参加できますので、具体的に行動に起こすことができます。

で人生を豊かに

img-rich01

study FIREでは、ご自身の生活スタイルや、ライフプランなどに基づいたシミュレーションから、『FIRE』(Financial Independent:経済的自立、Retire Early:早期退職)のための具体的な道筋を確認することができます。

一度しかない人生をより豊かに楽しむために、マネーリテラシーを上げて、経済的に自立した土台を作って好きな仕事を好きな場所で好きな人たちと行えるということです。

FIREは誰でも実現可能

img-rich02

日本人であればインフラや給与水準、投資環境などが十分に整っていることから、FIREはやり方次第で誰でも実現可能です。実際に、年収400万円台の会社員の方でもFIREを達成することができたなど、様々な所で報告があっています。
しかし一方で、世間には出てきませんが、FIREしようとして焦って失敗している方も少なくありません。
特に最近では、価格の値動きの激しい仮想通貨の盛り上がりにより、億り人を夢見て一瞬で大きな損を被ってしまっている人も多く存在します。

img-rich03

FIREというのは、一瞬で実現できるものではなく、中長期的な目線で、自分の生活のスタイル、ステージ、プランに合わせて、いかに収入、支出、投資のバランスを調整するかが肝になってきます。
そして、この3つをあなたの思い描くFIREを基に、何をいつどのように調整したらいいか、ということをはっきりと、そして明確にイメージすることで、今よりさらにFIREに近づくことができます。
Study FIREは、そのためのシステムなのです。

個人の経済的自立(FI)が
求められる時代

img-era01

最近では、FIREという言葉がブームになり、テレビや新聞など様々なメディアで見られるようになりました。 この背景には2019年に老後資金2000万円不足問題が騒がれ、世間的にお金や投資に対して関心が高まったことがあります。
そもそも資本主義経済でお金は社会の血液とされる中で、お金は汚いもの、投資は危険というルールに反する認識だった日本が、ようやくきちんとルールに向き合うことになったわけです。

img-era02

書店でも「FIRE」や「お金」と名のつくタイトルの本が山積みされるようになり、そこに人が群がっている風景をそこら中で見るようになりました。
ここまでFIREがブームになっている理由には、人生100年時代と言われる現代において、個人で経済的に自立する必要性が増してきている背景があると感じます。

少子高齢化による
社会保障費の増加

深刻な問題である少子高齢化。日本は先進国の中でも断トツの人口減少国で、2050年台には人口は1億人を切ると予測されています。

また、生産年齢人口(15-64歳)は年々過去最低を記録しており、2065年に約4,500万人となる見通し(2020年と比べ約2,900万人の減少)です。
社会保障給付費は、2025年度に約140.6 兆円、2040年度には約188.2兆円に増加する見通しとなっています。

寿命が伸びたことによる
老後資金の不安

少子高齢化の結果として、年金受給者を2020年で1.9人で1人支える状態になっています。このままいけば2050年には1.3人で1人を支える形となり、年金制度の崩壊も騒がれています。

*20〜64歳を現役世代、65歳以上を年金受給者として算出。
出所:総務省「国勢調査報告」「人口推計」(2020年7月)、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」をもとに当社試算。

我々の老後に対する資金の不安は増すばかりです。

老後2000万円不足問題がありましたが、あれは最低限の生活レベルから算出されました。しかし、生命保険文化センターの調査によると、ゆとりある老後のために必要な生活費は、平均で35万円/月となっています。

そして、総務省「平成28年度 家計調査年報」によると、高齢者無職世帯においての月額の平均収入額は212,241円となっています。そのため、毎月々の不足金額は約15万円となります。

仮に65歳でリタイアして、90歳までご存命の場合、25年のゆとりある生活を送るためには

15万円/月 x 12ヶ月 x 25ヶ月 = 4,500万円

と、倍以上で、2000万円どころでは賄いきれない状態になっているのです。
さらに、医療経済学者の永田宏氏によると、1987年生まれの男性の25%が101歳、女性の25%が107歳まで生きると予測されています。そうなるとさらに2000万円近く追加で資産が必要になってくることになります。
また、今後年金の支給額が減っていくことも考えると、早い段階から対策が必要だということがお分かり頂けるかと思います。

雇用への不安

会社も以前とは違い、終身雇用制でなくなりました。業績が悪くなれば切り捨てられますし、会社が守ってくれる時代ではありません。そのため、会社勤めによる経済的な安心を得ることが難しくなってきてしまいました。

これにより、まずは個人で経済的な自由(FI)を目指し、それを達成した上で好きな仕事を好きな時に行うというライフスタイルに変わりつつあります。

FIREの形は人それぞれ

本やスクールなどでは、皆一様に

img02
img01

といったことが囁かれています。

これらは正しいのですが、自身に置き換えてみると、一体何から着手したらいいか分かりません。
そして、そもそもFIREの形自体、人それぞれ違うため、皆一様に同じことをやっていても全く意味がないのです。

例えば収入が手取り300万円で、支出が年間100万円で済み、かつその生活で十分満足している方であれば、単純計算で年間200万円の貯金ができますから、そのペースでいけば50歳になる前には貯金が5000万円程度貯まるので、貯金するだけで普通にFIREできてしまうことになります。
逆にもっと生活レベルを上げたいということであれば、それなりにどこをどうしていくのか、適切なプランを練っていく必要があるということです。

また、FIREまでは考えていないけど・・・という場合でも、サイドFIREという形で、半分を不労所得で賄い、あと半分を労働で賄うという方法もあります。完全にリタイアしなくても、好きなことを仕事にしながら今までの半分ほどの時間を労働に費やすということもできます。

img-important

大事なのは、世の中の平均的な数字ではなく、
自分の数字」で計算することです。

高所得者は、現役時代の支出が多めであることが多いし、リタイア後も多めに使うので、リタイア前に持っていなければならない資産額が大きくなります。もちろん、低所得者には逆の傾向があります。「世間平均」の数字による計算では測りきれないものは多いのです。
また、「いつまで働いて、いくらくらい稼ぐか」といったセカンドキャリアの計画によっても大きく異なります。
FIREはあなた自身の思い描く道を明確に描いていくより仕方がないのです。
なので、study FIREでシミュレーションし、ぜひFIREを実現してください!

あなただけの
FIREまでの明確な道のりを描く

業界初の
FIREシミュレーションシステム

study FIREで
不動産投資をお勧めされた方へ

不動産投資はハードルが高いと思っていませんか?

不動産投資は、金額が大きいため、世間一般では難しいイメージを持たれています。
そのため株やFX、仮想通貨など、数百円から手軽に始められるものにばかり目がいきがちです。

しかし、実は不動産の購入もローンを活用すれば、小資金で簡単に始めることができるのです。

Merit

不動産投資のメリット

01
icon-merit

他人のお金で安定収入が狙える

自己資金をあまり使わなくても、銀行からの借入で不動産を取得しすることが可能です。
また、家賃収入から経費や返済を行ってもキャッシュフローをプラスになるような物件を取得することで、毎月の安定的な収入を得ることができます。

02
icon-merit

手間や時間がかからない

不動産投資においては、賃貸付けなどを全て自分で行わなければならないわけではなく、不動産管理会社に管理を委託すれば手間がかかりません。委託後、管理会社から送付されるレポートに目を通し判断を下すだけで賃貸経営が進みます。
本業が忙しい方にとっては非常にありがたい仕組みですよね。

03
icon-merit

インフレに強い

現在世界中で金融政策としてお金をばらまいています。そのため、今後ますます現金価値が下がり、物の価値が上がっていくインフレの流れになることは予想できます。

しかし不動産のような現物資産は物価の上昇とともに相対的に価格が上昇するものです。

04
icon-merit

生命保険になる

不動産を購入する時、団体信用生命保険を活用することで、万が一自分が死亡した時に借入が免除され、不動産は残るため、生命保険として活用することができます。

05
icon-merit

減価償却による節税効果

不動産投資では減価償却により節税効果を得ることができます。数年に分けて費用計上をし、所得から減価償却費を引くことができるため、所得税を節税することができるのです。

06
icon-merit

相続税の節税効果

不動産投資では、保有資産の相続税評価額を下げ、相続税を節税することができます。相続税は保有する資産の相続税評価額によって税額が決まります。現金や株式、不動産で下記のような評価額になるため、参考にしてみてください。

  • 現金:資産の額がそのまま評価額に
  • 株式:原則資産の額がそのまま評価額に
  • 収益用不動産:資産の額の約50%
Merit

不動産投資のデメリット

01

空室リスク

不動産投資では、賃貸人が付かなければ家賃収入が得られません。そのため、入居者がなかなか付かないような不動産を買ってしまうと維持費ばかりかかってしまうことになります。
これを回避するには、事前のリサーチや不動産会社との付き合いが非常に大事になります。

02

家賃滞納もある

入居者がいても、その入居者が賃料を支払わない場合があります。空室は埋めることができれば解決できますが、滞納の場合は問題のある入居者に対処する必要があります。
これを防ぐためには、入居者に保証会社加入をしてもらうことになります。家賃保証会社に加入してもらうことで、家賃滞納があっても保証会社に代わりに払ってもらうことができます。これにより滞納リスクからはほとんど解放されます。

03

流動性の低さ

不動産は株などと違い、売却しようとしてすぐ売れるわけではありません。ただ、ある程度人気の高い場所で構えておけば、売却も比較的すぐにすることができます。

Merit

不動産投資で大切なこと

img-important
  • 入居者の決まる適切な物件
  • 適切な価格
  • 適切な土地、建物比率

そして、これらをきちんと見分けて紹介してくれる不動産会社との付き合いがもっとも大切です。
相場を知らずに割高な価格で物件を買ってしまったり、入居者が決まらなかったりするような物件を選んでしまっては投資として成り立ちませんからね。

こうした条件をミスしてしまうと不動産投資の成功は見込めませんが、逆に言えばこれらの条件をクリアすることで容易に稼働することができます。
ぜひチャレンジしてみてくださいね!
不動産投資については、まずは下記よりご相談ください。

不動産投資についての
お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー
floating-btn floating-btn